English (United Kingdom)Deutsch (DE-CH-AT)Italian - ItalyFrench (Fr)Japanese(JP)Russian (CIS)
PDF 印刷 Eメール

ムツへタ―古代旧首都

ムツヘタはアラグヴィ川とムトゥクワリ川が合流する地点の小さな町ですが、少なくとも紀元前2千年は人々が住み始めていたと考えられています。町の名前はグルジア人の神話的な創始者カルトロスの息子ムツヘトスに由来しています、多神教の時代もグルジアの中心都市であったムツヘタの町はグルジアのキリスト教国化後、始めての教会の町となりました、すでに現在は首都ではありませんが、グルジアの宗教的な総本山とされるスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂とジュヴァリ教会がある。

***ユネスコ世界遺産

ジュヴァリ教会-6世紀        
スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂-11世紀   

ハイライト
ジュヴァリ教会-6世紀        
スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂-11世紀

サムタヴロ修道院  

ジュヴァリ修道院、4世紀にグルジアにキリスト教を伝道した宣教師・聖ニノはキリスト教国化のシンボルとして丘の上に十字架(ジュヴァリというのはグルジア語で十字架)を建てらました。この後修道院は2世紀後ステファノズ王子によって同じ場所に建てられた。

スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂はグルジア正教の総本山であり、何世紀にもわたって、戴冠式とグルジア王の埋葬地として使われてきました。荘厳なスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂(生きている柱)「グルジアで最も主要な教会」と言われるこの教会には、グルジアに住むユダヤ人、シドニアという女性がキリストの衣服を握ったまま埋葬されていると言われている。

4世紀に建てられたサムタヴロ修道院は聖ニノが祈り場所と住んだと言われている。グルジアで国王で初めてキリスト教とになった最初のミリアヌ王とナナ女王のお墓はここにあります。

 
Copyright © 2014 - Tourist Agency "Visit Georgia"