English (United Kingdom)Deutsch (DE-CH-AT)Italian - ItalyFrench (Fr)Japanese(JP)Russian (CIS)
PDF 印刷 Eメール

受難週間(復活祭の前週)グルジアの復活際のツア-

復活祭は正教徒にとって一番重要な祭日です。復活祭の前週は受難週間と呼びます。特別な式典はほとんどの教会で行われますが最も変わったものは受難週間と聖金曜日に行われます。 木曜日は最後の晩餐にのとって行われ、金曜日はキリストの聖なる衣服が葬られたと言われているスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂で特別な儀式が行われます。このツア-ではグルジア中を観光し、宗教的儀式も体験し、東方教会の伝統も知ることができます。

  • 4月18日:東京から出発


  • 4月19日:トビリシ


トビリシの歩き方:旧市街や新しい町のプログラム。 観光客はトビリシ旧市街に歩いて行く。旅行はメテヒ教会(13世紀)から始めって、天然温泉のお風呂に歩いて行きます。温泉のお風呂は多くの病気に効きまして、マッサ-ジと一緒に寿命にとって為になると言われている。町で一番古い要塞、川を見下ろす高台にあるナリカラ(4世紀)を方問して、ユダャ教の会堂,(6世紀)、アンチスハティ教会(6世紀)を見学。 その後トビリシのルスタヴェリ大通りを散歩して、夕方、送別会時、観光客はグルジアの伝統的な料理と長命食マツォニが楽しめます。 (B/L/-)

  • 4月20日:受難の木曜日


その日は受難の木曜日で有名な日で、最後の晩餐でイエスが使徒の足を洗いとユダに裏切られた日とされています。聖書によれば、最後の晩餐は祈りの後と言われています。イエスが自分の12使徒と最後の晩餐を始まる前に足を洗ったのと同じく、グルジア総主教は12人祭司に同じことを行います。観光客はこの儀式を出席することができます。昼食後エナメル店で細密画製作を見学。世界中でエナメルの古い秘密のひき方はだけグルジアで残っています。貴金属工芸も見学します。

  • 4月21日:聖金曜日(復活祭の前の金曜日) 聖金曜日で有名な日はキリストのはりつけとキリストを十字架から降ろし、エレミヤ哀歌と埋葬する日です。キリストのエレミヤ哀歌と埋葬はどこ教会でも、同じように行われています。 午後2時祭壇の前に十字架を置かれ、特別な儀式が行われます。私たちはこの儀式にスヴぇティ・ツホヴぇリ大聖堂で参加します。この教会はキリストの衣服が葬られた所と言われています。墳墓教会を模造したこの教会に信者は一人ずつ入ります。ムツへタを訪問します。キリスト再生のシンボルである。赤卵製作も見学しまして、時間は楽しみに過ごします。
  • 4月22日:土曜日、トビリシ - ゴリ - トビリシ 最初ウプリスツィへ洞窟建築を見学し、ゴリ町の中心にあるスタ-リン博物館を訪問する。その後休む。
  • 4月23日:日曜日、復活祭:トビリシ-出発


朝遅れる、グルジアの伝統的な、赤卵やイスタケ-キの復活祭の朝食。その他 観光客はグルジアの伝統的な料理と長命食マツォニが楽しめます。トビリシを散歩しまして、空港の送迎。

 
Copyright © 2014 - Tourist Agency "Visit Georgia"